MENU

肘の黒ずみの原因と解消|肘が黒い汚い

肘が黒いなって思っている方は結構いると思います。
肘を伸ばしてみると結構黒かったりしますよね。
特に女性で半袖を着たり肘を出すときにこれはなかなか恥ずかしかったりしますよね。
意識的に肘が隠れる七分袖の服を着たりとか・・・

 

私もそうですが肘が黒くてこれがなかなか取れないんですよね。
黒いというのもそうですが汚くて黒いんです。
肘がカサカサでさらに黒ずんでいてということで最悪です。
単純にカサカサで古い角質が残っているのであればそれを取ればなくなるかもしれませんが、メラニンの関係で黒ずんでいるのでなかなか厄介です。

 

やはりそうなったときは石鹸なんかでごしごし洗ったって黒ずみは摂れませんし全然効果はないしむしろ逆効果ですからね。
ですからしっかり美白や保湿成分の入った化粧品を使うなどしないとダメですね。
あとメラニンが関係している場合が多いのでメラニンの生成を抑える成分が配合されているものですね。

 

あとは予防として日頃から肘をつかないとか肘に刺激を与えないことを考えることですね。
これを数ヵ月続けることで変化が出てくるという感じでしょうか。

 

ちなみに私がおすすめする商品は薬用アットベリージェルです。
美白、保湿、メラニンの生成を抑える成分が使われています。
肘や膝、脇などいろいろな部分に使えるのもいいですね。
もちろん人気だったということもありますし、使った結果私には肌にも優しかったです。

 

興味のある方は使ってみると良いと思います。

肘の黒ずみの原因となるのは

肘の黒ずみの原因となるのは、衣類による擦れや日常の姿勢による肘への圧迫、そして乾燥です。
腕を動かした時に、肘の部分が擦れてしまう服を着用していると、その都度、肘はストレスを感じてしまう事になります。
ストレスを感じた肘は、その部分にある肌細胞を守る為にメラニン色素を発生させる事になるのですが、このメラニン色素がそのまま沈着すると黒ずみへと変わっていきます。
擦れ以外にも、机に肘をつく癖がある等、肘に圧力がかかってしまう姿勢を多く取る人は、その際にも肘にメラニン色素を発生させている事になります。
この状態を改善するには、肘に負担が少ない衣類を着用する、日常の姿勢を見直し、肘に圧力をかけない姿勢を心がける事が重要になってきます。
更に、肘というのは皮膚がとても薄い部分の為、とても乾燥しやすくなっています。
肌が乾燥すると、新陳代謝の妨げになり、それにより、肌の中に発生したメラニン色素を排出しにくい状態を作ってしまいます。
それによっても、肘が黒ずみやすい状態へと変わっていきます。
この状態を改善したいと考えるのであれば、肘に対してもしっかりとした保湿ケアを行っていく事が有効です。
それにより、発生したメラニン色素が定着しにくい状態を作れます。

肘の黒ずみをとる方法とはなんでしょう

以外に目立っているかもしれない、肘の黒ずみ。
肘の黒ずみをとる方法とはどんなことでしょうか。
まず、肘の黒ずみの原因を考えてみましょう。
肘をついたままテレビを見たり、ご飯を食べたりしていませんか。
無意識にしている肘をつくという事が黒ずみの原因になっています。ほおづえをつくことで肘にはかなりの負担がかかっているのです。
負担だけでなく、テーブルや服などと擦れたりという事で色素沈着の原因になります。
日焼けも気を付けるようにしましょう。肘にまで日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。
お風呂に入った時に、ゴシゴシ洗う事も肘に負担をかけてしまいます。
優しく洗うようにしましょう。
角質がたまっていると皮膚が厚く硬くなります。
その角質をピーリング効果のあるジェルやクリームで優しく除去するようにしましょう。
一度にとろうとしないことが大切です。
刺激を与えてしまうと逆効果なのです。
時間をかけてゆっくりとるようにしましょう。
お風呂上りや乾燥が気になるときには保湿効果の高いボディークリームなどを塗ってマッサージするようにしましょう。
保湿をしっかりしていくうちにだんだん色素沈着も改善されていきます。

乾燥させないという事が一番大切です。

 

さらにいろいろ知りたいという方はこちらの肘の黒ずみを見てみてください。

更新履歴