MENU

肘の黒ずみを皮膚科で治す

日常、テーブルに肘をついたりすることで、皮膚への圧迫や摩擦で、肘が黒ずんでしまいます。
皮膚の表面が硬くなり、皮膚の奥に色素が沈殿してしまうことが原因です。

 

肘の黒ずみを解消する方法はいろいろありますが、皮膚科で治療する場合、飲み薬や塗り薬が処方されたり、
レーザー治療を行ったりします。
薬の場合、美白効果があるといわれる「ハイドロキノン」を配合した薬が処方されます。
ハイドロキノンは、非常に漂白効果が高く、肘の黒ずみ解消にも大変期待できます。

 

しかし、ハイドロキノンは紫外線に非常に敏感で、紫外線により酸化してしまいますので、ハイドロキノンを塗った
部分の肌がが炎症を起こしたりということもあります。
ハイドロキノンを使っているからといっても、決して油断せず、日焼け対策はきちんと行うようにして下さい。
ハイドロキノンは、効果が高い分、副作用にも注意が必要なのです。
自分の肌にあう薬を、皮膚科で相談しながら、治療を進めていくのが良いでしょう。
また、ハイドロキノンを使用した治療の場合、保険適用外ですので、費用も少し高くなるということも、あらかじめ、知っておいて下さい。

 

そして、皮膚科で改善された黒ずみを再発させないため、肘をついたりする動作を減らすように気をつけましょう。